【渡辺竜王の釈明について】⑥

①棋士会でのやり取りについて

・(棋士会にて)棋士A:「三浦九段は不正をしたと今でも思っているのか」

・(棋士会にて)渡辺竜王:「調査委員会の報告を堅持します」

・ (Twitter)田丸九段:「渡辺竜王は何も答えませんでした』

・ (将棋世界)大川記者:渡辺竜王は『調査委員会の報告を堅持します』と答えた。

・(Twitter)大平六段:「発言自体はあったが、リンクしてないと感じた」

感想です。YESかNOかでの回答を期待していたのに、渡辺竜王が直接回答していないと感じたというのは理解できる。でも疑いをかけるだけなら問題ないという前提に立てば、渡辺竜王が「今でも三浦九段を疑っている」と回答しても何も問題ない。連盟が2000万円もかけた第三者調査委員会の結論を認めないと言ったらさすがに問題がある。そういう意味では、渡辺竜王の回答はそれほど大きく論点をずらしているわけではない。むしろ渡辺竜王が今でも三浦九段を疑っているかを重視しているほうが理解しがたいです。でもこれはたぶん私が少数派ですね。

②渡辺竜王の得意戦型について

他人の口を使って自分の意見を発信するのが得意なのかなあと感じています。船場吉兆の女将ですね。釈明を三浦九段の補償に決着がついてからというのもアニーから聞いた話で、渡辺竜王のブログではない。「タイトルを剥奪されてもかまわないとは言ってない」のときは可哀そうだなと同情しましたが、今となっては身から出た錆だなとしか感じない。

渡辺竜王は周りに勝手なこと喋られて迷惑してるのかと思ってたけど、アニーの件とか見ると漏れるのを計算してる感じがする。

③文春について

来週には手に入りそうです。

投稿者:

子爵

35歳 フリーのプログラマー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です