【渡辺竜王の釈明について】①

渡辺竜王がブログで釈明を始めたので、感想と考察をはじめます

http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira

仮説:渡辺竜王は内密に島さんに相談したのに、島さんから相談内容をバラされたため、やったことに比べて過剰な批判を受けている。

渡辺竜王が釈明を始めたのは、誤解によって実態以上に厳しい批判を受けていると考えているからでしょう。「疑念のある棋士とは対局しない」という発言も、「対局したくないんだけどどうでしょう?」相談だったかもしれない。

ということで島さんのおしゃべりが事態を悪化させたという仮説を考えてみます。渡辺竜王の「疑念のある棋士とは対局できない。タイトルを剥奪されてもかまわない」という発言は、10/21会見で島さんから発表されました(会見に谷川元会長も同席したので、島さんだけを責めるのは酷ですが)。ですが渡辺竜王のブログによると、島さんが直接渡辺竜王から聞いたのではなく、人づてに聞いたらしい。

島さんのおしゃべり疑惑はもう一つあって、「羽生さんから島さんに『限りなく黒に近い灰色』というメールを文春にリークした」というものです(CCやBCCなど、メールの宛先が複数あった場合、島さんがリークしたとは断定できない)。これは羽生さんが即時否定したけど、相当怒ってたみたい。

島さんおしゃべり説を島さんの性格から考える。羽生さんや森内さんも在籍した島研は研究をオープンにしていたため、羽生さん一強ではなく羽生世代全体のレベルを上げたというのは有名な話です。この島さんのオープンな性格が秘密の保持に向かなかったのではないか?

島さんと渡辺竜王はお互いに怒ってるのではないか?島さんは辞任会見で「渡辺君から相談された時から覚悟はしていた」と発言したが、これは責任転嫁ともとれる。また、渡辺竜王もブログではしょうがないかなと書いているが、自分の発言でもないことを記者会見でバラされたらさすがに怒っていい。

この仮説の弱点は、渡辺竜王の発言が内密の相談だったという証拠に欠けることです。渡辺正和五段の「渡辺竜王が島さんを脅した」という発言から、なんとなく渡辺正和五段もその場に居合わせた感じがします。渡辺竜王もギタシンと5時間も会談する暇があるなら、渡辺正和五段とW渡辺会談すればいいのに。

 

 

 

投稿者:

子爵

35歳 フリーのプログラマー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です