【三浦九段のスマホ不正疑惑について】㉞

第三者委員会の調査結果が公表されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000096-jij-soci

・タイミングは大方の予想通り、竜王戦の後、三浦九段の復帰前でした。将棋連盟にとっては都合がいいのでしょうが、三浦九段が早期復帰を望んでいた点を考慮すると残念。

・「三浦九段が不正行為を行った証拠はない」・・・三浦九段が自発的に行った調査結果も穴が多かったので、もしかしたらクロの証拠が出るかもと思ってましたが、出ませんでしたか。

・処分については「高い必要性・緊急性があった」として許容されると判断した・・・処分の理由が知りたかった。「不正行為」が処分の理由なら証拠がない。「休場すると示唆したが休場届を出さなかった」が理由なら、「疑惑のある相手とは対局できない」と発言した渡辺竜王も処分すべき。ということで、渡辺竜王が発言していた、「文春が記事を出すのは確定しているので、甘い対応をするより厳しい対応をしたほうが批判は少ない」が理由と認めましたか。三浦九段がシロだとしたら、無実の人を証拠もないのに処分して、社会的信用を失墜させることが許容されるのか・・・。第三者委員会なんて依頼人の代わりにサンドバックになることで報酬をもらうのはわかっていたが、法律関係者の発言として非常に残念。

・「一致率を不正の根拠にできない」・・・今後の指針として有効な指摘。

・「三浦九段が被った不利益を償う形でバランスを取るべきだ」・・・個人的には訴訟してほしいと思うが、プロ棋士は潰しがきかない仕事なので、これ以上揉めても三浦九段の得にならないかな。1億円はいかないくらい?

・ヤフコメについて・・・「疑われるような行為をするべきでない」、「休場と口にした三浦九段にも責任がある」といったコメントがありますが、喧嘩両成敗的な考え方に違和感。百歩譲って喧嘩両成敗なら、谷川会長、島理事、渡辺竜王がどう責任をとるか見届けてからじゃないと納得できない。

 

投稿者:

子爵

35歳 フリーのプログラマー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です