【週刊文春10月27日号の将棋冤罪問題の記事について】

人生で初めて週刊誌を買ってしまった。

ということで将棋冤罪問題の記事について気になった点のまとめ。

・久保王将について・・・久保王将「私が三浦さんのことを告発した張本人だと噂されています。でも私は三浦さんの名前を出したことは(9月26日の棋士会を含めて)一切ありません。」→しかし第三者調査委員会の報告書によると、7月29日の関西月例会で30分以上の離席について報告。東理事に三浦九段の名前を出し、8月4日の常務会で三浦九段との対局であったことが報告されたと記載あり。内部告発は問題なしの立場ですが、文春相手とはいえ嘘をついたのはまずかったですね。少なくとも内部告発の張本人の一人ではあるし。偽証も意図的説が濃厚になってきました。ずっと黙ってるのは、何を言っても信用されないのが分かっているからでしょうか。告発するほうが嘘つきだっていうんじゃ、告発されるほうも大変だよな。これだけでも文春を買った価値があった。

・渡辺竜王について・・・竜王の外部リークにより三浦九段の処分が早まり、竜王戦の対局者変更が行われたという疑惑がもたれているらしい。文春によると、渡辺竜王が疑いを持ったのは10月3日の順位戦の翌日差し手の検証中。10月7日、竜王が島さんに内部告発。感想ですが、文春、朝日新聞、ハフィントンポストの三つを見ても、渡辺竜王が三浦九段の処分前に文春のインタビューに応じたという記載は見つかりませんでした。むしろ産経新聞の記事によると、「疑念のある棋士とは対局できない」という発言は三浦九段の処分前になされているので、島さんを脅迫したかどうかを追及したほうがいいかなと思います。

※渡辺竜王についてあと一つ記事を書いて中断しようかと思ってましたが、ネットがあまりに遅いので今週はパス。来週書きます。

※瀬川さんが理事に立候補。以前ひどいことを書いてすみません。きっと落選するけど、瀬川さんのためにもう少し将棋ファンを続けます。

朝日新聞

「(竜王戦の)開幕直前、渡辺竜王は三浦九段が対局中にソフトを使って不正をしている疑いがあることを指摘し、週刊誌の取材に応じた。

この記事の掲載が一因となり、竜王戦への影響を考えた日本将棋連盟が、三浦九段を出場停止処分とし挑戦者を代えた。
http://www.asahi.com/articles/ASK1K6CTBK1KUCVL029.html

 

ハフィントンポストのアニーの記事

http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/21/toshiaki-tanigawa_n_15508948.html

 

産経新聞

https://mainichi.jp/articles/20161026/k00/00m/040/081000c

 

【技術メモ】2017/04/09

インターネットに接続できない事象が発生。

wimaxの使い過ぎだと思って放置していたが、ギガ放題プランであれば制限付きでも最低1Mは保証されるので、まったく接続できないのはおかしい。スマホも普通に接続可能。セキュリティソフトを疑ったが問題なし。

パソコンを再起動すると「driver power state failure」のエラーが表示される。原因は外付けHDDのほうで、外付けのwifiのアダプターにも悪影響が出てたらしい。外付けHDDを取り外して解決。

【一週間の反省と課題】4/9

①副業・・・・面接まで受けた。

②引っ越し・・・・まだまだ手続きあり。

③技術メモ・・・・もうしばらく不定期更新。

④資格取得・・・・5月中にjava。6月中にjavascript。

⑤渡辺竜王と久保王将の釈明・・・・ネタもなくなってきたし、そろそろやめたいけど、釈明がされないとキリが悪いんですよね。三浦九段の補償決着待ちなら、年内に終わらない可能性も・・・・。

【渡辺竜王の釈明について】⑥

①棋士会でのやり取りについて

・(棋士会にて)棋士A:「三浦九段は不正をしたと今でも思っているのか」

・(棋士会にて)渡辺竜王:「調査委員会の報告を堅持します」

・ (Twitter)田丸九段:「渡辺竜王は何も答えませんでした』

・ (将棋世界)大川記者:渡辺竜王は『調査委員会の報告を堅持します』と答えた。

・(Twitter)大平六段:「発言自体はあったが、リンクしてないと感じた」

感想です。YESかNOかでの回答を期待していたのに、渡辺竜王が直接回答していないと感じたというのは理解できる。でも疑いをかけるだけなら問題ないという前提に立てば、渡辺竜王が「今でも三浦九段を疑っている」と回答しても何も問題ない。連盟が2000万円もかけた第三者調査委員会の結論を認めないと言ったらさすがに問題がある。そういう意味では、渡辺竜王の回答はそれほど大きく論点をずらしているわけではない。むしろ渡辺竜王が今でも三浦九段を疑っているかを重視しているほうが理解しがたいです。でもこれはたぶん私が少数派ですね。

②渡辺竜王の得意戦型について

他人の口を使って自分の意見を発信するのが得意なのかなあと感じています。船場吉兆の女将ですね。釈明を三浦九段の補償に決着がついてからというのもアニーから聞いた話で、渡辺竜王のブログではない。「タイトルを剥奪されてもかまわないとは言ってない」のときは可哀そうだなと同情しましたが、今となっては身から出た錆だなとしか感じない。

渡辺竜王は周りに勝手なこと喋られて迷惑してるのかと思ってたけど、アニーの件とか見ると漏れるのを計算してる感じがする。

③文春について

来週には手に入りそうです。

【一週間の反省と課題】2017/4/2

・引っ越し完了。

でもしばらくは手続きとか忙しい。

・技術メモを毎日一つくらいで記事にしようかと思います。でも引っ越しで忙しいので、しばらく不定期で。

・副業・・・面接受けます。

・将棋不正疑惑・・・年度内に終わらせてほしかったですね。釈明は棋王戦終了や王将戦就位式くらいかなと思ってましたが、三浦九段と補償内容が合意できるまでになりそう。文春もまだ届いてないので、届いてから更新予定。

・森内九段フリクラへ・・・プロ棋士はスランプになれていると思っていたので意外でした。

・電王戦で名人敗れる・・・レートから判断すれば順当でしょうね。ディープラーニングに成功した最新バージョンのponanzaは、電王戦のponanzaよりレートで1000は上がっているかもしれないとのこと。今年のponanzaまでなら、プロ棋士が連合軍で時間無制限というハンデありの条件でまだ面白いかと思ってましたが、さすがにもうどんなハンデでも無理そう。

 

【技術メモ:Java,Eclipse】tomcatを使う③ 2017/03/30

昨日の補足。

java4

Javaは以下の手順で動きます。

①Java言語で実装されたxxxxx.javaファイル(ソース)を作成する。

②ソースをコンパイルしてxxxxx.classファイルを作成する。

③必要ならclassファイルをwarやjarにまとめる。

④warやjarをサーバに配置(デプロイ)する。

⑤JVMがプログラムを実行する。

昨日は②のコンパイルの手順が抜けていたのになぜ動いたか?eclipseの自動ビルド機能が動いていたので、修正したソースコードを保存すると自動的にコンパイルされるからです。

ちなみにソースとclassファイルの格納先は以下の通り。

C:\pleiades\workspace\TomcatTest\build\classes\com\example\part1

java5

C:\pleiades\workspace\TomcatTest\src\com\example\part1

java6

 

・urlを直接叩くとgetメソッドとpostメソッドのどちらが呼ばれるか?特に指定のないデフォルトの状態では、getメソッドが使用されます。

 

 

【技術メモ:Java,Eclipse】tomcatを使う② 2017/03/29

※文字コードもデフォルトでUTF-8になってたし、初期設定は何もせず必要になったら行う。

下のページの手順に従ってブラウザからhello worldを表示させる。

参照URL:

http://d.hatena.ne.jp/ozuma/20130427/1367073843

注意点としては、みんなおなじみの猫さんのアイコンがは表示されないということかな。tomcatプラグインは2014年くらいから更新されてないみたいなので、どんどん廃れていくんだろうね。まあ、tomcatプラグインなんてeclipse使わなきゃ関係ないから、普通にtomcat使ったほうが一般的ということでしょうか。

ソースコードの中身ですが、postメソッドを投げた時もgetメソッドを呼んでるだけなので、やってることは変わりません。

あとプロジェクトを最初から作るなんて現場ではめったにないけど、サーバービューから追加と除去でtomcatに登録する必要があります。

【技術メモ:Java,Eclipse】インストール① 2017/03/28

Javaをeclipseから動かす場合、pleiadesからまとめてダウンロードすると便利。

http://mergedoc.osdn.jp/

java1

最新版の4.6をクリック。

java2

windows64,Java,fullをクリック。(standardにはjdkやtomcatが入っていないので、fullのほうが使いやすい)

ダウンロードされたzipをCドライブ直下に解凍。

eclipseのほかにjavaとtomcatがあることを確認する。

java-3

eclipse.exeを起動する。

java4

eclipseが起動する。

java5

 

 

【久保王将の釈明について】②

※前回の記事で31分の離席ではなく9分、3分、3分としていましたが、wikipediaを見たら6分、3分、5分でした。サーセン。「離席回数は42回計2時間40分、指摘の時間帯はそれぞれ約6分弱、約3分20秒、約5分弱」

前回のポイントの中でも重要そうなものについて、もう少し考えてみる。

①久保王将が勘違いした離席時間の差は重要か

・重要である派(島さん)・・・「今回、久保さん(利明九段)の(指摘にあった)30分の離席がなかったと確認できなかったことが痛恨の極み。」

・それほど重要でない派(青野さん)・・・「久保九段の(指摘した)31分という話はあった。それは勘違いとしても、合計すると2時間40分という離席は普通の対局では考えられないこと。対局者として違和感があるのは、(三浦九段が)自分の手番で離席していたので、久保さんはイライラしていたのだろうと推測される。時間的なことは錯覚があったかもしれないけど、疑惑を持ったのではないか。」

私も以前はそれほど重要でないと思ってましたが、第三者調査委員会の報告書に「時計で確認した」という記載を見つけてからは、重要である派に鞍替えしました。「確認」という言葉を使ってしまうと、もう勘違いでは済まないですよ。「確認」の言葉の意味を勘違いしてチラッと時計を見ただけのことを「確認」と言ってしまったという可能性はあるか?それだとチラッと見ただけを「確認」という強い言葉を使ってウソ・大げさ・紛らわしい告発をしたわけで、救いはないですね。

②勘違いなのか偽証なのか

時系列で整理します。

18:41      三浦九段離席     久保王将、時計で確認

18:47      三浦九段着席     久保王将、気づかず

XX:YY      三浦九段離席     久保王将、気づかず

XX:YY+3    三浦九段着席     久保王将、気づかず

19:07      三浦九段離席     久保王将、気づかず

19:12   三浦九段着席     久保王将、時計で確認

つまり19:12分の久保王将は、19:07分に離席した三浦九段は18:41に離席したと勘違いしていたことになります。しかもこれって三浦九段の手番なんですよね。最終盤ならともかく、31分も考慮時間を使う余裕がある段階で、相手の手番にそこまで集中するっていうことがあるかね?しかも18:47分の久保王将は離席時間を時計で確認しようという意思があった6分後に気付かなかったんですよ。少なくとも青野さんが言うほどには離席にイライラしてなかったんじゃないでしょうか?

③なぜ久保王将の勘違い説を信じられないんだろうか?

三浦九段の不正については、当初は半信半疑で今はシロだと確信しているのですが、久保九段の勘違い説を信じられない理由を整理してみた。

・久保王将から勘違いしたという釈明を聞いていない。

・②で上げた通り、勘違いにしては不自然。

・被告発者に同情している手前、告発者には厳しい。

 

余談:三浦九段が復帰後4連敗ということで、ネット上では証拠も示さずシロだクロだとワーワー言ってますね。でもさすがにそろそろ勝ってほしいな。